Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
CONTROL SYSTEM OF INTERNAL COMBUSTION ENGINE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017201138
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】水噴射装置を備えた内燃機関の潤滑油中の水の濃度の増加を緩和する。【解決手段】内燃機関の吸気通路または気筒内に水を噴射する水噴射装置を備え、水噴射装置から水を噴射する所定の運転領域であり内燃機関の回転速度が同じ場合に水噴射装置から水を噴射しない運転領域よりも内燃機関のトルクが高い所定の運転領域であって内燃機関のトルクが大きいほど水噴射装置から噴射する水の量を多くする所定の運転領域において、潤滑油中の水の濃度が高いときは低いときよりも内燃機関の回転速度が同じ場合における内燃機関の最大トルクを減少させることにより水噴射装置からの最大水噴射量を減少させる。【選択図】図10

Inventors:
TSUDA SATOSHI
YARINO MOTONARI
UTSUMI SHINTARO
KODAMA KOHEI
Application Number:
JP2016092482A
Publication Date:
November 09, 2017
Filing Date:
May 02, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TOYOTA MOTOR CORP
International Classes:
F02D19/12; F02B47/02; F02M25/025
Attorney, Agent or Firm:
川口 嘉之
世良 和信
平川 明
関根 武彦
今堀 克彦
宮下 文徳
小久保 篤史