Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
COOLING AND HEATING SYSTEM
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016205668
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】熱源機として運転可能温度範囲が異なる温水焚吸収冷凍機や水熱源ヒートポンプなどを含む場合であっても、共通の蓄熱槽に蓄積された熱をより有効に利用すること。【解決手段】蓄熱槽10の温度が暖房システム200の水熱源ヒートポンプ71の運転可能温度範囲を超える場合は、バイパス回路を用いて温調用混合弁81で熱媒の温度を下げ、水熱源ヒートポンプ71に供給する。または、夜間に太陽熱集熱器11を放熱器として利用し、蓄熱槽10の熱媒温度を下げる。検出した蓄熱槽温度の高低に応じて、システム制御部300が熱源機の同時運転可能台数を自動的に調整し、運転条件や効率を最適化する。冷房の場合は、蓄熱槽10の熱媒で温水焚吸収冷凍機を運転することを最優先し、出力が不足する場合は、水熱源ヒートポンプを追加的に運転する。【選択図】図2

Inventors:
KOKAYU MASATO
KUDO TOMOHARU
MATSUKIYO TOMIYUKI
AKIYAMA YOSHIHIRO
WASHIO RYO
Application Number:
JP2015085477A
Publication Date:
December 08, 2016
Filing Date:
April 17, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
YAZAKI ENERGY SYSTEM CORP
TECHNO YAZAKI KK
International Classes:
F24F5/00; F24H1/00; F24S90/00; F25B15/00; F25B27/00
Domestic Patent References:
JPS5338142A1978-04-07
JPH10311589A1998-11-24
JPS579069U1982-01-18
JP2014035139A2014-02-24
JP2011185478A2011-09-22
JPS5338142A1978-04-07
JPH10311589A1998-11-24
JPS579069U1982-01-18
JP2014035139A2014-02-24
JP2011185478A2011-09-22
JP2004211979A2004-07-29
JP2014043954A2014-03-13
JP2004211979A2004-07-29
JP2014043954A2014-03-13
JP2007183025A2007-07-19
JP2004347302A2004-12-09
JPH0861749A1996-03-08
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人栄光特許事務所



 
Previous Patent: Air-conditioner

Next Patent: Refrigerator