Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
CROSS HEAD BEARING AND CROSS HEAD TYPE DIESEL ENGINE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016160957
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】摩擦損失を効果的に低減できるようにした、クロスヘッド軸受を提供する。【解決手段】クロスヘッド型ディーゼル機関において、ガイドと摺接しつつピストンと一体に往復動し、前記ガイドとの摺接面8aに潤滑油を供給する給油口8bを有する、クロスヘッド軸受であって、摺設面8aには、少なくとも給油口8bの周辺領域8dにディンプルにより形成される凹部8cが設けられている。ディンプル8cの形成密度は0.1〜0.45の範囲に設定され、ディンプルの開口の幅に対する深さの比が0.01〜0.03の範囲で設定されている。【選択図】図3

Inventors:
NISHIDA HIDEAKI
SHIGIHARA TAKUZO
Application Number:
JP2015037343A
Publication Date:
September 05, 2016
Filing Date:
February 26, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MITSUBISHI HEAVY IND LTD
International Classes:
F16C9/04; F01M1/06; F02B75/32; F16C17/02
Domestic Patent References:
JPS5929812A1984-02-17
JPS52113445A1977-09-22
Attorney, Agent or Firm:
Yu Sanada