Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
CROSSHEAD TYPE ENGINE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016211481
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】低回転時の油膜厚さを大きくすることで、クロスヘッドピンの外径の大型化を抑え、潤滑油の供給圧力の増加を抑制する。【解決手段】クロスヘッド型エンジンは、クロスヘッド軸受116aの軸受面116bに潤滑油を導く潤滑油供給路(内部油路178)と、潤滑油供給路を介して軸受面に潤滑油を送出する潤滑油送出部(油圧ポンプ174a)と、を備え、ピストンが上死点位置にあるときのクランク角を0度とした場合に、クランク角が270度以上、かつ、360度未満の範囲内に特定クランク角が設定されており、潤滑油送出部は、クランクシャフトの単位時間当たりの回転数が予め設定された回転数以下である場合において、クランク角が特定クランク角になると、特定クランク角になる前に比べて、軸受面に送出する潤滑油を増加させる。【選択図】図3

Inventors:
YAMADA TAKESHI
OGATA HIDEKI
UMEMOTO YOSHIYUKI
Application Number:
JP2015097378A
Publication Date:
December 15, 2016
Filing Date:
May 12, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
IHI CORP
International Classes:
F01M1/16; F01M1/06; F02B75/32; F16C5/00; F16C9/04; F16C17/10
Domestic Patent References:
JPH01313609A1989-12-19
JPH0395013U1991-09-27
JPH0447112U1992-04-22
JPS54105626A1979-08-18
JPS6298722U1987-06-23
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人青海特許事務所