Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
CUTTER
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016124085
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】装置を大型化、複雑化させることなく、大径で長尺のワークの切断が可能な切断装置を提供する。【解決手段】この切断装置1は、管状のワークWを軸と直交方向に切断する切断装置であって、前記ワークWを宙に浮かせて両端で支持すると共に軸中心に回転させる回転機構10と、前記ワークWに接離する方向に移動可能で且つ回転可能に設けられ、該ワークの切断を行う回転刃22と、前記ワークWが切断される位置Xを挟むように配設されて該ワークWの一方側と他方側とを回転可能に支持する一対の振れ止め機構30A、30Bと、前記回転機構10の回転制御および前記回転刃22の移動位置制御を行う制御部4と、を備え、前記制御部4は、前記回転刃22を回転させながら前記ワークWの所定の内部位置まで移動させて該ワークWに切込みを入れると共に、前記回転機構10により前記ワークWを回転させて該ワークWの全周に亘って切断を行う。【選択図】図1

Inventors:
徳永 宏
江村 淳一
勝島 博史
Application Number:
JP2015001345A
Publication Date:
July 11, 2016
Filing Date:
January 07, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
三星工業株式会社
International Classes:
B26D3/16; B23D45/12; B23D47/08; B26D1/18
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人綿貫国際特許・商標事務所