Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
Drier
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3208382
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】加熱乾燥後の粉粒体の温度が、排出管の内部で低下することを抑制できる乾燥装置を提供する。【解決手段】この乾燥装置1は、粉粒体である樹脂ペレット9を貯留する貯留槽10と、貯留槽10から排出された気体をヒータ33で加熱して貯留槽10へ導入する第1循環管30と、貯留槽10から樹脂ペレット9を排出する排出管41と、を備える。貯留槽10内の樹脂ペレット9は、第1循環管30から導入される熱風により乾燥する。また、この乾燥装置1は、排出管41に設けられた第2排気口413と、第1循環管30とを接続する第2循環管50を備える。貯留槽10内の気体の一部は、排出管41を通って第2循環管50へ流れる。これにより、排出管41における樹脂ペレット9の温度低下を抑制できる。【選択図】図1

Inventors:
帆山 克明 (大阪府大阪市西区阿波座1丁目15番15号 株式会社カワタ内)
Application Number:
JP2016005213U
Publication Date:
January 05, 2017
Filing Date:
October 28, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
株式会社カワタ (大阪府大阪市西区阿波座1丁目15番15号)
International Classes:
F26B3/06; B29C45/18; B32B13/06
Attorney, Agent or Firm:
西田 隆美