Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
EXHAUST HEAT RECOVERY DEVICE STRUCTURE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017214935
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】排熱回収器がフロアトンネルに配設された構造において、フロアトンネルの断面を広げることなく、作業スペースを確保することができる排熱回収器構造を得る。【解決手段】排熱回収器構造は、車両前後方向に延在され、内燃機関で発生したガスが排出される排気管10と、排気管10に接続された触媒コンバータ12と、触媒コンバータ12よりも車両後方側且つ車両床部に形成されたフロアトンネルの内側に配設されると共に、内燃機関を冷却する冷却水の水配管30が車両幅方向の一方側に接続され、冷却水とガスとの間で熱交換を行う排熱回収器16と、フロアトンネルの内側で触媒コンバータ12と排熱回収器16とを連結すると共に、平面視で車両後方側が車両前方側に対して車両幅方向の一方側に屈曲又は湾曲した連結管14と、を有する。【選択図】図1

Inventors:
OYA TAKESHI
MURATA TOSHIRO
ISHIHATA TAKAHITO
Application Number:
JP2017171214A
Publication Date:
December 07, 2017
Filing Date:
September 06, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TOYOTA MOTOR CORP
International Classes:
F01N5/02; F01N13/08; F01P3/20
Domestic Patent References:
JP2014095362A2014-05-22
JP2011214529A2011-10-27
JP2012132614A2012-07-12
Attorney, Agent or Firm:
中島 淳
加藤 和詳
福田 浩志