Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
FIBROUS CARBON CONTAINING IRON BASED SINTERED ALLOY, METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME, AND DIE-CASTING DIE MANUFACTURED USING SINTERED ALLOY
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016113654
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】繊維状カーボンを含有する鉄系焼結合金について、母材と結合材の混合工程及び焼結工程の条件を特定することにより、機械的特性及び熱的特性の双方に優れた焼結合金を得ること、そのような焼結合金の製造方法を確立すること、及びそのような焼結合金を用いて優れたダイカスト用金型をもたらす。【解決手段】VGCF3の配合割合を低減し且つ特定すること及び焼結条件を特定することにより、母材中においてVGCF3が直線状の繊維形状を保ちつつ略均一に分散されるようにするとともに、鉄とVGCFの炭素とが固溶せず且つ相対密度の高い緻密なVGCF/SKD61焼結合金1を得ることができるようにし、機械的特性及び熱的特性の双方に優れたVGCF/SKD61焼結合金1を得ることができるようにした。【選択図】図6

Inventors:
SASAKI HAJIME
SUGIO KENJIRO
TAKEMURA KOJI
KONO ICHIRO
Application Number:
JP2014252016A
Publication Date:
June 23, 2016
Filing Date:
December 12, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
HIROSHIMA UNIV
MAZDA MOTOR CORP
International Classes:
C22C47/14; B22F3/10; C01B31/02; C22C38/00; C22C49/14
Domestic Patent References:
JP2006315893A2006-11-24
JPS4995808A1974-09-11
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人前田特許事務所