Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
FLUID CONTROL DEVICE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016200067
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】小型でありながら、冷却装置を用いずにポンプを冷却することができる流体制御装置を提供する。【解決手段】流体制御装置100は、圧電ポンプ10とバルブ101とカフ109とヒートシンク123と制御部115とを備える。バルブ101は、第1通気孔110、111が設けられた第1弁筺体191と、第2通気孔112と第3通気孔113とが設けられた第2弁筐体192とを有する。カフ109の腕帯ゴム管109Aがバルブ101の第2通気孔112に装着されることにより、バルブ101がカフ109に接続される。圧電ポンプ10は、吐出孔55、56が設けられたポンプ筐体80を有する。バルブ101の第1通気孔110、111は、圧電ポンプ10の吐出孔55、56に接続されている。ヒートシンク123は、ポンプ筐体80の底面に装着されている。ヒートシンク123は、第3通気孔113に対向する対向部124を有する。【選択図】図1

Inventors:
KAWAMURA KENICHIRO
Application Number:
JP2015080903A
Publication Date:
December 01, 2016
Filing Date:
April 10, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MURATA MFG CO LTD
International Classes:
F04B45/04; A61B5/022; F04B39/06; F04B45/047
Domestic Patent References:
JP2012021402A2012-02-02
JPS5692777U1981-07-23
Foreign References:
WO2013157304A12013-10-24
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人 楓国際特許事務所