Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
FLUID JET CUTTING PROCESS
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017141841
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】無機繊維材料物品のような繊維材料の流体ジェット切断方法を実施するための装置を提供する。【解決手段】排気ガス処理装置は、ハウジングと、前記ハウジング内に弾性的に取付けられた脆弱触媒支持構造と、前記脆弱触媒支持構造を前記ハウジング内に弾性的に保持するために、前記ハウジングと前記脆弱触媒支持構造との間のギャップの中に配置された流体ジェット切断無機繊維取付けマットと、を含み、前記流体ジェット切断無機繊維取付けマットは、アルミナ繊維、アルミノシリケート繊維、カルシア−マグネシア−シリカ繊維、マグネシア−シリカ繊維、カルシア−アルミナ繊維、ミネラルウール繊維、またはこれらの組み合わせの少なくとも1つを含み、前記流体ジェット切断無機繊維取付けマットの流体ジェット切断縁面の少なくとも一部分にコーティングが付着している。【選択図】図2C

Inventors:
KUMAR AMIT
MISENAR SCOTT LEE
Application Number:
JP2017097370A
Publication Date:
August 17, 2017
Filing Date:
May 16, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
UNIFRAX I LLC
International Classes:
F01N3/28; D06H7/00; F01N3/022
Domestic Patent References:
JP2002348740A2002-12-04
JPH06287864A1994-10-11
JPH06294071A1994-10-21
JPS569472A1981-01-30
JP2000096355A2000-04-04
JP2002066331A2002-03-05
JP2004002171A2004-01-08
JP2002348740A2002-12-04
JPH06287864A1994-10-11
JPH06294071A1994-10-21
JPS569472A1981-01-30
JP2000096355A2000-04-04
JP2002066331A2002-03-05
JP2004002171A2004-01-08
JP2010149119A2010-07-08
Foreign References:
US6103049A2000-08-15
US6103049A2000-08-15
Attorney, Agent or Firm:
田中 伸一郎
弟子丸 健
松下 満
倉澤 伊知郎
山本 泰史