Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
FLUID PUMP AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017214933
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】改善された往復動式流体ポンプ、ならびに、そのようなポンプを作成および使用する方法の提供。【解決手段】第1の端部本体部と、第2の端部本体部と、両者の間の中央本体部であって、モジュラー受け入れキャビティを規定する面を有した中央本体部と、第1のシフト弁および第2のシフト弁を含み、第1および第2のシフト弁が第1の駆動流体チャンバと第2の駆動流体チャンバとの間での駆動流体の流れを繰り返してシフトさせるべく構成され、第1および第2のシフト弁が互いに対して移動可能である、シフティングメカニズムと、モジュラー受け入れキャビティ内に位置付けられて固定され、内部に第1のシフト弁を受け入れる第1のキャビティ、内部に第2のシフト弁を受け入れる第2のキャビティ、および内部にポンプ駆動シャフトの少なくとも一部を受け入れる第3のキャビティを含むモジュラーインサートとを具備する。【選択図】図1

Inventors:
TOM M SIMMONS
SIMMONS JOHN M
DAVID M SIMMONS
BRUCE JOHNSON
Application Number:
JP2017150438A
Publication Date:
December 07, 2017
Filing Date:
August 03, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
WHITE KNIGHT FLUID HANDLING INC
International Classes:
F04B43/06
Domestic Patent References:
JPS6088089U1985-06-17
JPH0367075A1991-03-22
JPS6119989A1986-01-28
JP2002188576A2002-07-05
JPS6413275U1989-01-24
Foreign References:
CN101705934A2010-05-12
US20100178184A12010-07-15
US20100043895A12010-02-25
Attorney, Agent or Firm:
長門 侃二