Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
Formwork
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017008603
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】コンクリート柱に螺子穴を形成する必要がなく、現場での取付作業性に優れた型枠を提供する。【解決手段】型枠1は、ボルト・ナット5により相互固定される上側部材11と下側部材12とからなる。上記上側部材11は、隣り合うH形鋼21の下側のフランジ21aにそれぞれ係合するフック部111を備える。上記下側部材12は、H形鋼21が交差する箇所にプレキャストコンクリート部2bを有する鉄骨梁2の下端部と鉄筋コンクリート柱3の上端部との間に形成される隙間4を塞ぐ。この型枠1は、上記フック部111を備えるので、鉄筋コンクリート柱3に螺子穴を形成する必要がなく、現場での取付作業性に優れる。【選択図】図1

Inventors:
YAMAMOTO YOSHINORI
SAITO KEIICHI
Application Number:
JP2015125786
Publication Date:
January 12, 2017
Filing Date:
June 23, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
DAIWA HOUSE INDUSTRY CO LTD
International Classes:
E04G9/06
Domestic Patent References:
JPH02136444A1990-05-25
JP3101169B22000-10-23
JP2008002213A2008-01-10
JP2006144427A2006-06-08
JP4943141B22012-05-30
JPH0480444A1992-03-13
JP4710134B22011-06-29
JP3197226U2015-04-30
JP2998621B22000-01-11
JP2011252304A2011-12-15
JPH05311737A1993-11-22
JPH08105115A1996-04-23
Attorney, Agent or Firm:
神保 泰三