Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
FUEL AND PROCESS FOR POWERING COMPRESSION IGNITION ENGINE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017141842
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】本願発明の目的は、遠隔地、または環境的な影響を受けやすい環境(排出に関して特に港湾地域内の高緯度の海洋環境など)、もしくは、乾燥しているが寒冷な内陸の遠隔地域などの他の地域での使用に適したディーゼルエンジン燃料およびエンジン動作方法を提供することである。【解決手段】メタノールおよび水を含む主燃料を使用する圧縮着火エンジンに動力供給するプロセスは、着火促進剤を含む燻蒸剤で吸気流を燻蒸するステップと、燻蒸した吸気をエンジン内の燃焼室内へ導入し、吸気を圧縮するステップと、主燃料を燃焼室内へ導入するステップと、主燃料/空気混合物に着火し、それによってエンジンを駆動させるステップとを含む。また、このプロセスで使用するための燃料、このプロセスで使用するための2液性燃料、および関連する発電システムも提供される。【選択図】図1

Inventors:
GREG MORRIS
MICHAEL JOHN BREAR
RONALD ANDREW SLOCOMBE
Application Number:
JP2017097378A
Publication Date:
August 17, 2017
Filing Date:
May 16, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
GANE ENERGY & RESOURCES PTY LTD
International Classes:
F02D19/08; F02B47/04; F02B49/00; F02D19/12
Domestic Patent References:
JPS55157684A1980-12-08
JP2003504546A2003-02-04
JPH09194857A1997-07-29
JP2002309273A2002-10-23
JPH1088156A1998-04-07
JP2002030937A2002-01-31
JP2001129373A2001-05-15
JP2000509433A2000-07-25
JPH07126665A1995-05-16
JPS6429495A1989-01-31
JPH04232367A1992-08-20
JPH10504054A1998-04-14
Foreign References:
CN101434874A2009-05-20
CN101113372A2008-01-30
CN1837333A2006-09-27
Attorney, Agent or Firm:
村山 靖彦
実広 信哉
阿部 達彦



 
Previous Patent: A fluid jet cutting method

Next Patent: An engine control device