Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
GROUND FAULT POINT IDENTIFICATION DEVICE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016213914
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】一過性の地絡事故であっても効率且つ迅速に地絡箇所を特定することのできる地絡箇所特定装置を提供する。【解決手段】この地絡箇所特定装置1は、並列の各個別電力線26と当該個別電力線26を合流させた合流電力線27とにより成ると共に各個別電力線26にMCCB22等の遮断器を有するメガソーラ発電所2等の直流回路に接続される。この地絡箇所特定装置1は、合流電力線27と接続し、直流回路の地絡を検出する地絡検出回路11を合流電力線27に接続する。また、地絡箇所特定装置1は、地絡検出回路11の地絡検出に応答してMCCB22を一例とする各遮断器を順番に一時開放作動させ、遮断器の作動による地絡解消を監視する。【選択図】図2

Inventors:
HAYASHI YUKI
Application Number:
JP2015092615A
Publication Date:
December 15, 2016
Filing Date:
April 30, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TOSHIBA CORP
International Classes:
H02H3/00; G01R31/02; H02H3/06; H02H3/16
Attorney, Agent or Firm:
木内 光春