Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
He removes under shoes and it is an ingredient.
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3216732
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】くつ下を脱ぐことに苦労していた腰や背中の筋力が弱い人や、手や腕を使うことが困難な人のため、手を使わず足首を入れたあと引き抜くだけで靴下の生地との摩擦でしゃがまなくても簡単にくつ下が脱げるくつ下脱ぎ具を提供する。【解決手段】くつ下脱ぎ具1は、内部空間10cを有する箱形状であり、所定の面10aに開口部が形成された本体10と、本体の内部において所定の面10aに取り付けられ、開口部に対応した位置10bに配置され、弾性変形可能な素材で形成された弾性変形部20とを備え、弾性変形部には、開口部から内部空間まで貫通し、人の足を挿入可能な切り込みが形成されている。弾性変形部は、切り込みが延びる方向に沿って、互いに異なる硬さの素材が積層され、開口部に対応した位置にゴムシート30を備え、ゴムシートには、弾性変形部の切り込みに対応する位置に切り込み30aが形成されている。【選択図】図1

Inventors:
飯田 真璃菜
Application Number:
JP2018001244U
Publication Date:
June 21, 2018
Filing Date:
March 16, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
飯田 真璃菜
International Classes:
A47G25/90; A41B11/00
Attorney, Agent or Firm:
飯田 昌俊