Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
INTERNAL COMBUSTION ENGINE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017166371
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】各気筒に供給される水の過不足が生じることを抑制しつつ、吸気通路に噴射される水の微粒化を促進する。【解決手段】複数の気筒と、隔壁によって隔てられ各気筒に夫々接続される複数の分岐通路20を備える吸気通路2であって隔壁の上流側端部2Aよりもさらに上流側では各気筒で共有される共有通路26を備える吸気通路2と、各気筒に夫々接続される吸気通路20に夫々設けられ吸気通路20に水を噴射する水噴射弁5と、を備える内燃機関において、水噴射弁5の夫々において、該水噴射弁5からの水の噴霧5Aの中心軸5Bが吸気通路20の上流側に向い、且つ、該水噴射弁5からの水の噴霧5Aの中心軸5Bと吸気通路20の内壁面との交点5Cが隔壁の上流側端部2Aよりも下流側になるように水噴射弁5を構成する。【選択図】図1

Inventors:
YARINO MOTONARI
KODAMA KOHEI
TSUDA SATOSHI
UTSUMI SHINTARO
Application Number:
JP2016051056A
Publication Date:
September 21, 2017
Filing Date:
March 15, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TOYOTA MOTOR CORP
International Classes:
F02M25/022; F02B47/02
Attorney, Agent or Firm:
川口 嘉之
世良 和信
平川 明
関根 武彦
今堀 克彦
宮下 文徳
小久保 篤史



 
Previous Patent: A chimney for steamy discharge

Next Patent: Oil pump