Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
MACHINE TOOL
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017209776
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】特別なセンサ等を設けることなく主軸の際の把持不良を簡単に検出すること。【解決手段】開閉可能なチャック(9,11)を備えた相対的に移動自在な2つの主軸(2,3)が自由回転状態と回転駆動状態に切り換え自在に設けられ、主軸(2,3)の回転を検出する回転検出手段(7,8)と、所定の移動位置でチャックを閉作動させることによって、主軸に(2,3)よる棒材(33)の把持位置を変更する把持変更手段とを設け、把持変更手段によって、棒材(33)を順次送りながら加工を行う工作機械(1)において、把持変更手段によって把持位置が変更された主軸(2)を自由回転状態に切り換えるとともに、他方の主軸(3)を回転駆動し、回転検出手段(7,8)によって検出される自由回転状態の主軸(2)の回転状態に基づいて把持位置の変更の際の主軸(2,3)の把持不良を検出する把持不良検出手段を設けた。【選択図】図7

Inventors:
IKEDA NAOKI
KINO MASANOBU
Application Number:
JP2016106681A
Publication Date:
November 30, 2017
Filing Date:
May 27, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
CITIZEN WATCH CO LTD
CITIZEN MACHINERY CO LTD
International Classes:
B23B3/30; B23B31/20; B23Q17/00
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人 東和なぎさ国際特許事務所