Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
MANUFACTURING METHOD OF HIGH CLEANLINESS STEEL
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017166026
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】従来よりもアルミナ介在物の個数を低減でき、特に粒径が20μm以下クラスのアルミナ介在物の個数を低減可能な高清浄鋼の製造方法を提供する。【解決手段】一次精錬を行った溶鋼を出鋼し取鍋処理して溶製した後、タンディッシュ10に注湯して連続鋳造する方法であり、出鋼の際に、生石灰を投入すると共に、金属Al及び/又はこれを含むフラックスを添加して、スラグを改質処理し、スラグのT.Fe濃度とMnO濃度の合計を5質量%以下、溶鋼の溶存酸素濃度を100〜300ppmとした後、金属Alを添加し3〜10分撹拌処理して脱酸処理し、この溶鋼を10分以上静置して、溶鋼を受け入れる受湯部13と、溶鋼を連続鋳造する鋳型14に注入する排湯部15とに仕切る堰16が内部に設けられ、その高さを溶鋼深さHの0.3〜0.8倍としたタンディッシュ10に注湯する。【選択図】図1

Inventors:
MIYAMOTO KENICHIRO
GOSHO TAKUMI
SUZUKI HIDEJI
Application Number:
JP2016052428A
Publication Date:
September 21, 2017
Filing Date:
March 16, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL
International Classes:
C21C7/00; B22D1/00; B22D11/10; C21C5/46; C21C7/04; C21C7/06; C21C7/072; C21C7/076
Attorney, Agent or Firm:
中前 富士男
来田 義弘
清井 洋平