Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
MANUFACTURING METHOD OF PRODUCT MEMBER AND PRODUCT MEMBER
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017082310
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】製造工程中に切削工具の摩耗を抑制でき、かつ、耐摩耗性、曲げ疲労強度、低サイクル曲げ疲労強度及び被削性に優れた製品部材及びその製造方法を提供する。【解決手段】粗部材に対して浸炭処理、恒温保持処理、焼入れ処理、及び焼戻し処理を施して浸炭材を得る際に、浸炭温度を900°〜1050℃、浸炭時のカーボンポテンシャルを0.7〜1.0%、浸炭時間を60〜240分、恒温保持温度を820〜870℃、恒温保持処理時のカーボンポテンシャルを0.7〜0.9%、焼戻し温度を160〜200℃、焼戻し時間を60〜180分とする工程と、浸炭材に対して切削加工を施して製品部材を得る際に、切削工具のすくい角を−30°超−5°以下、工具のノーズを0.4〜1.2mm、送りを0.1mm/rev超0.4mm/rev以下、切削速度を50〜150m/分、切り込みを0.05mm〜0.2mmとする工程とを含む製品部材及びその製造方法。【選択図】図1

More Like This:
Inventors:
IWASAKI TATSUYA
WATARI KOJI
Application Number:
JP2015213965A
Publication Date:
May 18, 2017
Filing Date:
October 30, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL
International Classes:
C22C38/00; C21D1/06; C22C38/38; C22C38/60
Attorney, Agent or Firm:
青木 篤
島田 哲郎
三橋 真二
福地 律生
加藤 寿人
伊藤 公一