Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
MANUFACTURING METHOD OF PURIFIED ETHYLENE HIGH BOILING POINT RESIDUE OIL
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016098298
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】 エチレン製造設備から高沸点成分として回収される高沸点残渣油から、カーボンナノチューブや炭素繊維の原料として好適に使用できる鉄分の含有量が低い精製されたエチレン高沸点残渣油を製造する方法の提供。【解決手段】 エチレン製造設備から回収された、鉄分を含む高沸点残渣油を遠心分離処理して、鉄分含有量が10重量ppm以下に低減された精製エチレン高沸点残渣油を製造する。遠心分離処理はスクリュー型又はディスク型の遠心分離機を用いて5000〜10000Gで行うことが好ましい。【選択図】 なし

Inventors:
SATO SHOKEN
KOBAYASHI SHUNSUKE
Application Number:
JP2014235852A
Publication Date:
May 30, 2016
Filing Date:
November 20, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MITSUBISHI CHEMICALS CORP
International Classes:
C10G31/10
Domestic Patent References:
JP2665059B21997-10-22



 
Previous Patent: JP2016098297

Next Patent: Dry distillation device