Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
MANUFACTURING METHOD OF SLIDE BEARING, AND SLIDE BEARING
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016161016
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】フリクション低減効果を得ることができ、総和の流出油量を抑えることができるすべり軸受を提供する。【解決手段】円筒を軸方向と平行に二分割し、金属層21と、金属層21の内周面に設けられたライニング層22とを有する半割部材2・2を上下に配置したすべり軸受の製造方法であって、前記製造方法は、前記下側の半割部材2の軸方向端部に、回転方向下流側において円周方向に細溝3を設ける細溝形成工程(第一の工程)を有し、細溝形成工程において、細溝3の深さdを、ライニング層22の厚さh1から、ライニング層22の厚さの公差a1を引いた長さよりも長くなるように形成した。【選択図】図2

Inventors:
SEKI DAISUKE
TAKAGI HIROSHI
Application Number:
JP2015039116A
Publication Date:
September 05, 2016
Filing Date:
February 27, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TAIHO KOGYO CO LTD
International Classes:
F16C9/02; F16C17/02; F16C33/14
Domestic Patent References:
JP2011237035A2011-11-24
JP2014181811A2014-09-29
Attorney, Agent or Firm:
矢野 寿一郎