Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
MARKING DEVICE AND RIBBON CASSETTE FOR MARKING DEVICE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017007205
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】本発明は、マーキング装置およびリボンカセットの提供を目的とする。【解決手段】本発明は、供給リールと巻取リールを備えたリボンカセットが着脱自在に装着され、リボンカセットは、その一部にインクリボンをリボンカセットの外部側に案内する第1案内部とインクリボンをリボンカセットの内部側に案内する第2案内部を備え、第1案内部と第2案内部の間にインクリボンを掛け渡すための間隙が形成されたリボンカセットであり、リボンカセットを着脱自在に受ける取付板と、供給リール側の駆動軸および巻取リール側の駆動軸と、取付板から突出形成されてリボンカセット装着時に第1案内部と第2案内部の間に挿入される熱転写ヘッドと、熱転写ヘッドを移動自在に支持し、リボンカセット装着時に第1案内部と第2案内部間に送られたインクリボンに熱転写ヘッドを接近離間する方向に移動させるスライド機構を具備したことを特徴とする。【選択図】図2

Inventors:
FUJII KENJI
KAI HIROSHI
KATAYAMA TAKASUMI
TAKII MASATO
Application Number:
JP2015124940A
Publication Date:
January 12, 2017
Filing Date:
June 22, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ECTOR CO LTD
International Classes:
B41J2/325; B41J2/32; B41J3/407; B41J25/304; B41J32/00; B41J35/04; B65H16/04
Domestic Patent References:
JPH0648003A1994-02-22
JPH0728656U1995-05-30
JPS61164878A1986-07-25
JPH10329347A1998-12-15
JP2007516863A2007-06-28
JPS6427242U1989-02-16
JPH0899500A1996-04-16
JPH01154527A1989-06-16
JPS61244576A1986-10-30
JPH06183081A1994-07-05
JPH03136292A1991-06-11
JPH0324991A1991-02-01
JPH03100444U1991-10-21
JPS59224383A1984-12-17
JPH02128857A1990-05-17
JPH04369572A1992-12-22
JPH08104016A1996-04-23
JPH04255379A1992-09-10
Foreign References:
US4998833A1991-03-12
Attorney, Agent or Firm:
志賀 正武
高橋 詔男
鈴木 三義