Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
METHOD AND APPARATUS FOR MANUFACTURING PULLEY FOR STEPLESS SPEED CHANGE DEVICE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016150358
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】成形ローラとコーン面の間でのすべりを防止しつつ、成形ローラの折損を確実に防止する。【解決手段】コーン面2における最小径φA1と最大径φA2の比(φA2/φA1)と、成形ローラ11のコーン面2における最小径位置Pに接する部位Rのローラ径φB1と、成形ローラ11のコーン面2における最大径位置Qに接する部位Sのローラ径φB2の比(φB2/φB1)と、を一致させるとともに、成形ローラ11を、素材5の半径方向外側から半径方向内側に向けて該成形ローラ11の軸心Yが先下がりとなるように素材5の軸心Xに対して傾斜させて、コーン面2を成形する。【選択図】図1

Inventors:
KAYAHANA JO
Application Number:
JP2015028701A
Publication Date:
August 22, 2016
Filing Date:
February 17, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TOYOTA JIDOSHA HOKKAIDO KK
International Classes:
B21H1/04; F16H9/12; F16H55/49
Domestic Patent References:
JP2010099729A2010-05-06
JP2005211902A2005-08-11
JP2006218496A2006-08-24
Attorney, Agent or Firm:
矢野 寿一郎
正津 秀明