Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
METHOD AND DEVICE FOR CRUSHING MINERAL MATERIAL
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017013059
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】鉱物材料の粉砕は、ジョークラッシャでは各往復運動の間、1回しか粉砕を実施できず、又スクリーンクラッシャでは、材料が十分にもろい又は軟らかい場合にのみの粉砕となっていたのを解決する。【解決手段】鉱物材料が粉砕手段に向けて粉砕空間6に供給され、材料の流れの少なくとも一部がふるい20を介して吐出される。残りの鉱物材料は、移送及びふるい分けドラムが事前ふるい分けを継続し、それと同時に鉱物材料をクラッシャ・ドラム11に向けて移送するように、移送及びふるい分け、並びに粉砕空間に設けられているクラッシャ・ドラムに遭遇するように配置され、最後に、粉砕空間に残っている鉱物材料がクラッシャ・ドラム10のクラッシャ・ブレード19によって鉱物材料をクラッシャ・プレート21に押し込む機械加工が施され、且つ、粉砕空間から吐出する粒子サイズに鉱物材料を最終的に粉砕するためにその粒子サイズが縮小される方法。【選択図】図2

Inventors:
JORMA MALKAMAKI
Application Number:
JP2016132822A
Publication Date:
January 19, 2017
Filing Date:
July 04, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ECOMECA OY
International Classes:
B02C13/09; B02C13/20; B02C13/28; B02C13/284; B02C13/30
Domestic Patent References:
JP2013536755A2013-09-26
JP2013536755A2013-09-26
JP2000008403A2000-01-11
JPS5986250U1984-06-11
JPS57919Y21982-01-07
JPS60100043U1985-07-08
JP2001087710A2001-04-03
JP2005009220A2005-01-13
JP2005002722A2005-01-06
JP2000008403A2000-01-11
JPS5986250U1984-06-11
JPS57919Y21982-01-07
JPS60100043U1985-07-08
JP2001087710A2001-04-03
JP2005009220A2005-01-13
JP2005002722A2005-01-06
Foreign References:
US20040050984A12004-03-18
US20040050984A12004-03-18
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人浅村特許事務所