Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
MULTIFLUID INJECTION NOZZLE INTO CYLINDER OF INTERNAL COMBUSTION ENGINE, AND MULTIFLUID JETTING MECHANISM
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017190670
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】ディーゼルエンジンの省エネとしてのCO2削減、窒素酸化物(NOx)削減、浄化ハニカム構造からすり抜ける0.25以下のナノ粒子削減を行うこと。【解決手段】低圧縮比にて、空気の混合促進のために燃焼室容積を大きくし、燃料、水、空気を燃焼室に噴射して、混合ガス化する。水による水性ガス高温化で燃焼しPMは発生せずに、水性ガスと、空気の効率的混合との相乗効果で窒素酸化物(NOx)の生成を抑制する。シリンダー内が高圧であるために、高圧の空気を噴出インジェクトすることは難度が高いが水は燃料とともにインジェクターによりノズルから噴射することが可能。【選択図】図1

Inventors:
KUDO HIROSHI
Application Number:
JP2015228144A
Publication Date:
October 19, 2017
Filing Date:
November 04, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TAIKO GIKEN KOGYO CO LTD
International Classes:
F02M25/022; F02B13/10; F02B23/00; F02B47/02; F02M23/04; F02M25/10; F02M43/00