Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
NOVEL TECHNIQUE FOR ADJUSTING ANTI-CELL EFFECT EXHIBITED BY HIGHER-ORDER STRUCTURE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016128571
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】抗菌剤や抗がん剤などとして従来のものよりもさらに有用なシアノアクリレートポリマー粒子の提供。【解決手段】アミノ酸及びその誘導体並びにそれらのオリゴマー及びポリマーから選択される少なくとも1種が共存し、かつ、糖類及びポリソルベートのいずれも実質的に共存しない条件下において、シアノアクリレートモノマーをアニオン重合することを含む、アミノ酸系分子を抱合したポリシアノアクリレートナノ粒子。前記ポリシアノアクリレートナノ粒子は、細胞への特異的接着により細胞障害活性を発揮し、がん細胞や細菌の増殖を効果的に抑制する。上記の新規製造法でナノ粒子を製造することで、粒子の細胞障害活性をより高めることができるポリシアノアクリートナノ粒子。【選択図】図7

Inventors:
城武 昇一
Application Number:
JP2016001806A
Publication Date:
July 14, 2016
Filing Date:
January 07, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
株式会社ナノカム
International Classes:
C08F122/32; A61K9/14; A61K31/198; A61K31/401; A61K31/405; A61K31/4172; A61K47/32; A61P31/04; A61P35/00; A61P35/02; A61P43/00; C08F2/44; C08F251/00
Foreign References:
WO2010101178A12010-09-10
WO2009084494A12009-07-09
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人谷川国際特許事務所