Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
POLISHING BRUSH
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017056493
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】 本発明は、パイプ内にブラッシング加工を施す作業を簡単に行うことができるうえ、作業効率が高く、精密な加工に適し、曲管などのパイプの内面加工を施すこともできる研掃ブラシを提供することである。【解決手段】 砥粒入り樹脂フィラメントからなるブラシ毛3aを複数本束ねたブラシ毛束3と、前記ブラシ毛束3を収容する樹脂パイプ4と、前記ブラシ毛束3の一端部と前記樹脂パイプ4の一端部とを固定する固定部5と、前記樹脂パイプ4の他端部から前記ブラシ毛束3の他端部を突出させた突出部9によって形成されたブラシ作業部6とを具備する。【選択図】図1

Inventors:
NISHIKI MASAO
Application Number:
JP2015180510A
Publication Date:
March 23, 2017
Filing Date:
September 14, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
NISHIKI MASAO
International Classes:
B24D13/10; A46B7/10; B08B1/00
Domestic Patent References:
JP2002210662A2002-07-30
JP2010234491A2010-10-21
JP2007097115A2007-04-12
Attorney, Agent or Firm:
蔵田 昌俊
野河 信久
峰 隆司
河野 直樹
砂川 克
井上 正
佐藤 立志
岡田 貴志
堀内 美保子



 
Previous Patent: 固体電解コンデンサ

Next Patent: Coat peeling tool