Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
PRODUCTION METHOD OF ROTARY EQUIPMENT
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016217474
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】回転機器の製造の手間の増大を抑制する技術を提供する。【解決手段】回転軸に沿って延在するシャフト110と、シャフト110の一端側に固定される第1フランジと、シャフトの他端側に固定される第2フランジと、を含む静止体と、第1フランジと第2フランジの間に軸方向遊びを介して軸方向に挟まれる部分を有しシャフト110を環囲するシャフト環囲部材42を含む回転体と、を備える回転機器を生産する方法であって、第1フランジが固定されたシャフト110を置台にセットして、シャフト110の他端側からシャフト環囲部材42を嵌装した状態で、第2フランジに圧入力を加えてシャフト110の他端側に圧入する工程を含む。圧入する工程は、軸方向遊びの大きさを検査しながら実行される。【選択図】図5

Inventors:
NAGASAKA KOHEI
Application Number:
JP2015103969A
Publication Date:
December 22, 2016
Filing Date:
May 21, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
SAMSUNG ELECTROMECHANICS JAPAN ADVANCED TECHNOLOGY CO LTD
International Classes:
F16C23/04; F16C17/10; F16C35/02; F16C43/02; H02K15/14
Attorney, Agent or Firm:
森下 賢樹
村田 雄祐
三木 友由
岩井 廣