Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
PROTECTIVE STRUCTURE FOR ROOT ELECTRIC WIRE PART OF CONNECTOR
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017216195
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】多種類のコネクタへの装着が可能で、安定して根元電線部を保護できると共に、構造が簡単で組付作業性に優れた、新規なコネクタの根元電線部の保護構造を提供する。【解決手段】コネクタの根元電線部の保護構造10であって、根元電線部32を周囲から覆うカバー部材20と、カバー部材20をコネクタ12に連結固定する連結部材36を有しており、カバー部材20には連結部材36の一端部を連結可能な固定部38が設けられており、コネクタ12の複数の端子キャビティ14のうち、端子が装着されていない空きキャビティ34に対して、連結部材36の他端部を装着する一方、連結部材36の一端部を、固定部38に取り付けることにより、カバー部材20がコネクタ12に連結固定されている。【選択図】図1

Inventors:
IGARASHI SHINICHI
INOUE TAKUYA
Application Number:
JP2016110643A
Publication Date:
December 07, 2017
Filing Date:
June 02, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
SUMITOMO WIRING SYST LTD
International Classes:
H01R13/56
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人笠井中根国際特許事務所
中根 美枝
笠井 美孝