Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
PROTEIN PURIFICATION USING BIS-TRIS BUFFER
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017095505
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】母溶液から作られる4種の緩衝液のみを使用する、タンパク質、特にモノクローナル抗体の小規模および大規模精製のための2段階クロマトグラフィー方法の提供。【解決手段】溶液からタンパク質を精製するための方法であって、(a)−第一のクロマトグラフィーカラムに溶液を通すこと;−第一の溶離緩衝液を用いて、第一のクロマトグラフィーカラムから粗タンパク質溶離液を溶離することを含む、第一のクロマトグラフィーステップ;および(b)−第二のクロマトグラフィーカラムに、ステップ(a)の終了時に得られた粗タンパク質溶離液を通すこと;−第二の溶離緩衝液を用いて、第二のクロマトグラフィーカラムから精製されたタンパク質を回収することを含む、第二のクロマトグラフィーステップを含み、ここで、各緩衝液は、ビストリスを含む、方法。【選択図】なし

Inventors:
DIDIER DUTHE
LAURE LANDRIC-BURTIN
BENOIT MOTHES
Application Number:
JP2017008139A
Publication Date:
June 01, 2017
Filing Date:
January 20, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
SANOFI SA
International Classes:
C07K1/16; B01D15/16; B01D15/18; B01D15/20; B01D15/24; B01D15/36; B01D15/38; B01D15/42; C07K1/22; C07K16/18; C07K16/28
Domestic Patent References:
JP2008517906A2008-05-29
Foreign References:
Other References:
堀尾武一編: "12.2 Goodの緩衝液", 蛋白質・酵素の基礎実験法, vol. 改訂第2版, JPN6016007134, 2000, pages p. 554-555
ANTONIO VERDOLIVA ET AL.: "Affinity purification of polyclonal antibodies using a new all-D synthetic peptide ligand: compariso", JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS, vol. Vol. 271, No. 1-2, JPN6016007137, 2002, pages p. 77-88
Attorney, Agent or Firm:
結田 純次
竹林 則幸