Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
REAR FLAP SHAPE OF AMPHIBIAN MOTOR CAR
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017128251
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】水上航走時に車両本体の後部との間に隙間がないようにリアフラップを車両本体に取り付け可能な水陸両用車のリアフラップ形状を提供する。【解決手段】水陸両用車のリアフラップ形状は、車両本体と、前記車両本体3の進行方向に対して前記車両本体の左右方向両側に配設された一対の履帯10、11と、車両本体の後部に接続されたリアフラップ15と、を備え、車両本体の後面は、車両本体の後方側へ進むに従って後面の下端辺から斜め上方へ延びるデパーチャーアングル面を含み、一対の履帯は、上側面が下端辺より高く、且つ、下側面が下端辺よりも低い位置にあるとともに、後端辺は下端辺よりも後方側へ突出し、前記リアフラップは、一対の履帯間において、下端辺に対して対向する対向辺を有するフラップ本体部を含むとともに、対向辺が下端辺に対して接触又は近接するように、車両本体と上下方向に回動自在に接続されるように構成される。【選択図】図1

Inventors:
SATO SHINICHI
ONOE MITSUO
MATSUNAGA TAKASHI
NAKAJIMA RYO
OSHIMA TAKAAKI
Application Number:
JP2016009610A
Publication Date:
July 27, 2017
Filing Date:
January 21, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MITSUBISHI HEAVY IND LTD
International Classes:
B60F3/00; B63B1/32; B63B1/40; B63B39/06
Attorney, Agent or Firm:
誠真IP特許業務法人