Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
REFRIGERANT RECOVERY DEVICE AND REFRIGERANT RECOVERY METHOD
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017053625
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】可燃性冷媒の回収時に発生しうる事態の悪化を低減するとともに継続的に冷媒回収を行うことができる冷媒回収装置を提供する。【解決手段】真空状態で冷媒と冷凍機油との混合液が供給され、冷凍機油と冷媒とを分離する気液分離容器14と、分離された冷媒を回収して圧縮する圧縮機18と、圧縮された冷媒を冷却して液化する熱交換デバイス100と、液化された冷媒を貯留する冷媒貯留容器111と、冷媒の少なくとも一部が分離した状態の冷凍機油を気液分離容器14外に排出可能に設けられた冷凍機油排出口16と、気液分離容器14内に乾燥空気を送り込み、冷媒の少なくとも一部が分離した状態の冷凍機油を冷凍機油排出口16を介して気液分離容器14外に排出させる乾燥空気供給部と、気液分離容器14内の乾燥空気を排気して真空状態にする真空ポンプ17とを備える。【選択図】図1

Inventors:
MURAKAMI YOJI
FUJISAKI KATSUMI
MAEDA AKIRA
OGASAWARA SHINOBU
Application Number:
JP2016247601A
Publication Date:
March 16, 2017
Filing Date:
December 21, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MITSUBISHI ELECTRIC CORP
International Classes:
F25B45/00
Domestic Patent References:
JPH09196521A1997-07-31
JP2007170707A2007-07-05
JP2000283609A2000-10-13
Foreign References:
US20030230090A12003-12-18
Attorney, Agent or Firm:
溝井国際特許業務法人