Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
REINFORCED ALUMINUM COMPOSITE MEMBER, MANUFACTURING METHOD THEREOF, AND PISTON
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018001182
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】高い機械的強度を有する強化アルミニウム複合部材を提供する。【解決手段】本発明に係る強化アルミニウム複合部材は、ホウ酸アルミニウムのウィスカーで構成され、当該ウィスカーの表面積に対する存在量で1〜20%のスピネルを有する多孔質セラミックス体と、それに圧入されたマグネシウム含有アルミニウム合金と、当該複合部材の表面の少なくとも一部に配置された上記アルミニウム合金の陽極酸化皮膜部と、を有する。【選択図】なし

Inventors:
IIZUKA TAKEOKI
Application Number:
JP2016127720A
Publication Date:
January 11, 2018
Filing Date:
June 28, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ISUZU MOTORS LTD
International Classes:
B22D19/08; B22D19/00; B22D19/14; C22C21/00; C22C47/12; C22C49/06; C25D11/04; F16J1/01; F16J1/02
Attorney, Agent or Firm:
鷲田 公一



 
Previous Patent: Can molding equipment

Next Patent: Can molding equipment