Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
RUBBER COMPOSITION AND PNEUMATIC TIRE USING THE SAME
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017039789
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】フェノール系樹脂はゴム用の補強材料として広く用いられ、ゴムを高性能化する上で有用な原料であるが、その作用メカニズムは今だ判明しておらず、ゴム組成物においてフェノール系樹脂が本来有する能力を最大限に引き出すことが求められている。【解決手段】ジエン系ゴム100質量部に対し、カーボンブラックを30〜200質量部、フェノール系樹脂を0.1質量部以上、および樹脂硬化剤をフェノール系樹脂に対し5〜50質量%配合し、フェノール系樹脂の体積A(cm3)とカーボンブラックの配合量B(g)と前記カーボンブラックのDBP吸油量C(cm3/g)との間に、0.01≦{A/(B×C)}≦0.5の関係が成り立つゴム組成物によって上記課題を解決した。【選択図】なし

Inventors:
CHIKUSHIMA SHIN
HIJIKATA KENSUKE
Application Number:
JP2015160407A
Publication Date:
February 23, 2017
Filing Date:
August 17, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
YOKOHAMA RUBBER CO LTD:THE
International Classes:
C08L9/00; B60C1/00; C08K3/04; C08K5/3477; C08K5/3492; C08L61/10
Attorney, Agent or Firm:
野田 茂