Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
SEA BUOY
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017039486
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】本発明は、長期間のメンテナンスを必要とせず、簡単な構造を持ち、しかも周囲の低速水流の流れを利用して自家発電できる海中ブイを提供することを目的とする。【解決手段】発電コイル部20aと、発電コイル部20aを収納した筐体31aと、発電コイル部20aと磁気結合できるように、前記筐体31aの筐体壁13aの一部を挟んで前記発電コイル部20aと反対側に配置された複数の磁石14aからなる磁石列5aと、前記磁石列を5a保持した磁石保持部材15aと、水流により回転可能に形成された回転軸41を有する水車4aとを備える。また筐体31aは、前記筐体壁13aに区画形成された充填室34aと、前記充填室34aに充填された非圧縮性且つ絶縁性液体からなる充填物33aと、前記充填室34a内の圧力を調整する調圧機構32とを備えている。【選択図】図2

Inventors:
INOUE KENICHI
ITO YUTAKA
TAKAGI NOBUTAKA
SOTANI KINGO
Application Number:
JP2016138367A
Publication Date:
February 23, 2017
Filing Date:
July 13, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
KOBELCO KAKEN:KK
International Classes:
B63B22/00; B63B35/00; H02K7/18
Attorney, Agent or Firm:
小谷 悦司
小谷 昌崇
櫻井 智