Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
SHAPE VARIABLE SOLID STRUCTURE WITH TELESCOPIC ARM
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018025212
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】伸縮アームの伸縮動作に応じて形状を変えることのできる形状可変立体構造物を提供する。【解決手段】形状可変立体構造物は、上部枠体(10)と、下部枠体(20)と、上部枠体と下部枠体とを平行な関係で離隔して連結する縦方向連結部材(30)とを備える。上部枠体および下部枠体は、X字状に交差させた2個の剛性部材を回動可能に連結したクロスユニットの複数個と、クロスユニットの剛性部材の端部同士を回動可能に連結する端部連結部とを有する。縦方向連結部材(30)は、V字状に屈曲した第1屈曲剛性部材(31)と、逆向きのV字状に屈曲した第2屈曲剛性部材(32)と、第1屈曲剛性部材の屈曲部と第2屈曲剛性部材の屈曲部とを回動可能に連結する屈曲部連結軸(33)とを有する屈曲ユニットを備える。屈曲ユニット(30)の上方端は、上方に位置する上部枠体(10)に連結され、下方端は、下方に位置する前記下部枠体(20)に連結されている。【選択図】図4

Inventors:
MATSUOKA NORIYASU
Application Number:
JP2016155719A
Publication Date:
February 15, 2018
Filing Date:
August 08, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
FUJIMIYA SEISAKUSHO:KK
International Classes:
F16S5/00; F16M11/24; F16M11/34; F16M13/00
Domestic Patent References:
JP2008308940A2008-12-25
JPH0416651A1992-01-21
JP2011121416A2011-06-23
Foreign References:
US20020112413A12002-08-22
US20040079406A12004-04-29
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人アイミー国際特許事務所



 
Previous Patent: Vibration reducing device

Next Patent: Adnominal bearing