Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
Speaker
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6275793
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】非軸対称形状の振動板を用いつつ、高音質で信頼性の高い「スピーカ」を提供する。【解決手段】本発明のスピーカは、磁気ギャップGを有する磁気回路1と、磁気回路1に結合されたフレーム7と、磁気ギャップG内に配置されたボイスコイル2と、ボイスコイル2が巻回された円筒状のボビン3と、内周側がボビン3に結合されると共に外縁部が弾性エッジ6を介してフレームに支持された振動板5とを備えており、振動板5の外形形状はボビン3の中心を通る中心軸に関して非軸対称形の楕円形状となっている。この振動板5は、熱可塑性樹脂中に長繊維フィラーを一方向に配向させたシート状素材(熱可塑CFRPシート20)を真空成形して形成されたものであり、その長繊維フィラーの配向方向が振動板5の短軸方向と一致するように設定されている。【選択図】図1

Inventors:
田辺 景
安齋 政実
山上 優
青木 貴裕
吉田 祐介
Application Number:
JP2016182239A
Publication Date:
February 07, 2018
Filing Date:
September 16, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
アルパイン株式会社
International Classes:
H04R7/02; H04R7/12; H04R31/00
Domestic Patent References:
JP2013162214A2013-08-19
JP2005223807A2005-08-18
JP2013162214A2013-08-19
JP2005223807A2005-08-18
JP2007221417A2007-08-30
JP2007221417A2007-08-30
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人 武和国際特許事務所