Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
SUBSTANTIALLY EGG-SHAPED UPPER PART BODY OF AUTOMOBILE CAR BODY FORMED WITH TRANSPARENT THERMOPLASTIC RESIN COMPOSITION
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016120802
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】本発明の主要な課題は、軽量で、製造が簡単で、運転者が周囲の状況を的確に視認・把握でき、搭乗者が周囲の状況・景色を全面的に歪みなく見通すことができる自動車車体の上部ボデーを提供することにある。【解決手段】上記の課題を解決するため、本発明の自動車車体の上部ボデーは、1)先端部頂点側及び後端部頂点側の終端部で、上曲面への接線が水平面となす角度が85〜125°となるように形成されていること、2)上部ボデーの重心から見た透視歪量の平均値が1.0分以下であること、及び3)ある部分とその部分と5cm隔てて隣接する部分との透視歪量の差が、重心を含む地面に平行な面より上の部分において1.5分以下であることを最大の特徴として備えるものである。【選択図】図1

Inventors:
HOTAKA TOSHIAKI
IWASAKI KUNIO
Application Number:
JP2014261279A
Publication Date:
July 07, 2016
Filing Date:
December 24, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TEIJIN LTD
International Classes:
B62D29/04; B62D25/00; B62D25/06; B62D25/08; C08G64/02; C08G64/06
Domestic Patent References:
JP3108250U2005-04-14
JP2002128909A2002-05-09
JP2012111142A2012-06-14
JPS6061237A1985-04-09
JPH06156314A1994-06-03
JPS61166776A1986-07-28
JPS5940980A1984-03-06
JP2014113907A2014-06-26
Foreign References:
US20120068496A12012-03-22
WO2014203782A12014-12-24
Attorney, Agent or Firm:
小林 均
野口 武男
林 司