Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
TIRE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016210250
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】使用に伴う吸音材の発熱や劣化を抑制することで、長期にわたり空洞共鳴音の吸音効果を得ることができるタイヤを提供する。【解決手段】タイヤ内腔面Fに、吸音材1が配置されてなるタイヤ10である。吸音材1が、シート2に被包されて吸音部材3を形成し、吸音部材3がタイヤ内腔面Fに取り付けられることで、吸音材1が他の部材と接着されることなくタイヤ内腔面Fに配設されている。または、吸音材1が、タイヤ内腔面Fに取り付けられたシート2によりタイヤ内腔面に対し押え付けられることで、吸音材1が、タイヤ内腔面Fに直接取り付けられずに、タイヤ内腔面Fに配置されている。【選択図】図1

More Like This:
Inventors:
KITA SHINICHI
Application Number:
JP2015094073A
Publication Date:
December 15, 2016
Filing Date:
May 01, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
BRIDGESTONE CORP
International Classes:
B60C5/00
Domestic Patent References:
JP2006341681A2006-12-21
JP2005001428A2005-01-06
JPH07266802A1995-10-17
JP2005205935A2005-08-04
JP2005262921A2005-09-29
Foreign References:
WO2005012008A12005-02-10
Attorney, Agent or Firm:
本多 一郎
杉本 由美子
渡耒 巧
大田黒 隆