Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
TOOTHBRUSH AND PRODUCTION METHOD OF THE SAME
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016209373
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】歯面の汚れを除去できると共に、歯周ポケット内の汚れをも除去できる歯ブラシ及び歯ブラシの製造方法を提供する。【解決手段】先端部にテーパ面が形成された、複数の特定の合成樹脂製繊維4aを含むブラシ3を備える歯ブラシ1において、前記先端部にテーパ面4a1が形成された前記特定の合成樹脂製繊維4aにおける、テーパ面4a1が形成されていない部位の直径が0.1〜0.25mmであり、前記特定の合成樹脂製繊維4aは、先端から1〜5mmの範囲内に形成されたテーパ面4a1を有し、かつテーパ率(テーパ面の合成樹脂製繊維の先端からの長さ寸法/歯ブラシの合成樹脂製繊維の先端から歯ブラシヘッド表面までの長さ寸法)が8〜50%の範囲内にある合成樹脂製繊維であって、かつ、ブラシ最先端から1mmの位置におけるブラシの曲げ強度が0.60N/cm2以上2.00N/cm2以下である。【選択図】図1

Inventors:
NAKAMURA HITOSHI
TAKIGAWA SEIICHI
Application Number:
JP2015096964A
Publication Date:
December 15, 2016
Filing Date:
May 12, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MITSUBISHI PENCIL CO LTD
International Classes:
A46D1/04; A46D1/00; A46D1/06
Domestic Patent References:
JP2000014447A2000-01-18
JP2012511944A2012-05-31
JP2006141991A2006-06-08
JPH09103946A1997-04-22
Foreign References:
WO2013164986A12013-11-07
Attorney, Agent or Firm:
木下 茂