Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ULTRASOUND TRANSMITTER FOR SONOPORATION
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016208887
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】ソノポレーションの実施にあたり、生体細胞へ与えるダメージを低減させつつ、導入物質の生体細胞内への導入を促進させる。【解決手段】ソノポレーション用の超音波18の送信シーケンスは、複数の送信期間TB及び超音波18の送信が停止される複数の停止期間TRを含む。各送信期間TBにおいては、超音波18が送信されるパルス波期間T1と超音波18の送信が小休止される小休止期間T2とが交互に繰り返される。各パルス波期間T1において送信される超音波18はマイクロバブルを圧壊させるのに必要な音圧を有する。各パルス波期間T1の時間長はマイクロバブルを圧壊させるのに必要な時間長が設定される。これにより、各送信期間TBにおいて超音波18が間欠送信されるため、生体細胞が超音波18から受ける音響エネルギ、つまり生体細胞が超音波18から受けるダメージを低減しつつ、多くのマイクロバブルを圧壊させることができる。【選択図】図5

Inventors:
MARUYAMA KAZUO
SUZUKI AKIRA
OMATA DAIKI
MOCHIZUKI TAKESHI
Application Number:
JP2015093764A
Publication Date:
December 15, 2016
Filing Date:
May 01, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TEIKYO UNIV
MEDICAL ULTRASOUND LABORATORY CO LTD
International Classes:
C12M1/42; A01G7/00; A01G7/06; A61B8/00
Domestic Patent References:
JP2008178590A2008-08-07
Foreign References:
Other References:
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2006, VOL.343, PP.470-474, JPN6019002821
J. CONTROLLED RELEASE, 2010, VOL.145, PP.40-48, JPN6019002827
日本超音波医学会学術集会プログラム・講演抄録集  JAPANESE JOURNAL OF MEDIC, vol. 第38巻, JPN6019002824, pages S309
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人YKI国際特許事務所



 
Previous Patent: Mowing machine

Next Patent: Back negative type spraying machine