Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
UNIFLOW SCAVENGING TYPE 2-CYCLE ENGINE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016217261
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】掃気ポートの1回の開閉の間に吸入される燃料ガスと活性ガスの濃度の均一化を図るユニフロー掃気式2サイクルエンジンを提供する。【解決手段】ユニフロー掃気式2サイクルエンジンは、掃気ポート118よりもシリンダの径方向外側に配され、掃気ポートに吸入される活性ガスに燃料ガスを噴射する燃料噴射口126cが設けられた燃料噴射部126と、燃料噴射部に設けられ、燃料噴射口の開口範囲をピストン112のストローク方向に拡大および縮小する作動部材144と、ピストンの動力を作動部材に伝達する動力伝達機構146と、を備え、動力伝達機構は、ピストンが掃気ポートの開口範囲をストローク方向に拡大する場合に、作動部材を最小開口位置から最大開口位置まで作動させ、ピストンが掃気ポートの開口範囲をストローク方向に縮小する場合に、作動部材を最大開口位置から最小開口位置まで作動させる。【選択図】図3

Inventors:
YAMADA TAKESHI
UMEMOTO YOSHIYUKI
TERAMOTO JUN
Application Number:
JP2015103400A
Publication Date:
December 22, 2016
Filing Date:
May 21, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
IHI CORP
International Classes:
F02B33/44; F02B25/02; F02B33/04; F02B67/00; F02M21/02; F02M25/10; F02M61/04
Domestic Patent References:
JP2014047707A2014-03-17
JPS62243918A1987-10-24
JP2012219727A2012-11-12
Foreign References:
WO2014181864A12014-11-13
EP2826978A12015-01-21
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人青海特許事務所