Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
VALVE TIMING CHANGE DEVICE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017044179
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】構造の簡素化、部品点数の削減、装置の小型化、加工精度の軽減等を図りつつ、トラクションドライブを構成する回転体の回転軸の傾きや飛び出し等の問題を解消する。【解決手段】軸線S回りに回転する駆動側回転体A、カムシャフトと一体的に回転する被動側回転体B、駆動側回転体の回転に対する被動側回転体の回転の位相を調整する位相調整ユニットを備えたバルブタイミング変更装置において、位相調整ユニットは、駆動側リング22、被動側リング31、第1回転半径R1にて駆動側リングと接触しかつ第1回転半径R1と異なる第2回転半径R2にて被動側リングと接触し少なくとも軸線S方向において駆動側リング及び被動側リングに押圧挟持される球体40、球体40を自公転調整し得る調整部材50を含む。これによれば、構造の簡素化、部品点数の削減、装置の小型化、加工精度の軽減等を達成できる。【選択図】図3

Inventors:
MATSUMOTO TAKASHI
MURAJI TETSURO
Application Number:
JP2015168570A
Publication Date:
March 02, 2017
Filing Date:
August 28, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MIKUNI KOGYO KK
International Classes:
F01L1/344; F16H13/08
Attorney, Agent or Firm:
山本 敬敏



 
Previous Patent: Electromagnetic pump

Next Patent: Fuel storage device