Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
VESSEL AND ROLL REDUCTION METHOD
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018008627
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】船体を減揺しつつ船体の揺れが小さい場合には船体抵抗を低減することが可能な船舶及び減揺方法を提供する。【解決手段】左右一対の舷側4A,4Bを有する船体2と、前記船体2の船首尾方向に間隔をあけて設けられ、左右一対のフィン21aa,21ab,21ba,21bbからなる複数組のフィンスタビライザー20a,20bと、を備え、前記複数組のフィンスタビライザー20a,20bのうち、少なくとも一組のフィンスタビライザー20a,20bの前記フィン21aa,21ab,21ba,21bbは、前記舷側4A,4Bから突出して前記船体2の減揺を行う突出位置と、前記舷側4A,4B内に格納される格納位置との間で変位可能に設けられているとともに、互いに独立して前記突出位置と前記格納位置との間で変位可能に設けられている。【選択図】図4

Inventors:
SHUTO YUTA
YAMATO KUNIAKI
Application Number:
JP2016139447A
Publication Date:
January 18, 2018
Filing Date:
July 14, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MITSUBISHI HEAVY IND LTD
International Classes:
B63B39/06
Domestic Patent References:
JP2012025293A2012-02-09
JPS61261185A1986-11-19
JP2006001436A2006-01-05
Attorney, Agent or Firm:
森 隆一郎
志賀 正武
高橋 詔男
山崎 哲男
松沼 泰史