Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
WIRE TENSIONING DEVICE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017086546
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】カヌー競技などののコースワイヤにおいて、被緊張線材を容易に緊張させることができ、運搬時や設置時、保管時など、取り扱いが容易なワイヤ張力調整装置を提供する。【解決手段】ワイヤ張力調整装置10は、水面に浮上するフロート11から軸部材13aが垂下している。この軸部材13aの下端には、ウォームギア15が設けられている。ウォームギア15には、コースワイヤW1が連結されている。ウォームギア15は、軸部材13aと同軸に設けられたウォームとウォームと噛み合うウォームホイールとを備えている。ウォームホイールには、同軸にリール部16が設けられており、アンカー12に連結された緊張用線材17が巻かれている。作業者は、フロート11から突出した軸部材13aの上端に設けられたハンドル部14を操作することでウォームを軸回転させ、リール部16に緊張用線材17を巻き取ることでコースワイヤW1を緊張させる。【選択図】図1

Inventors:
TSUTSUMI SHINICHI
Application Number:
JP2015221414A
Publication Date:
May 25, 2017
Filing Date:
November 11, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ITOKEN TECHNO KK
TSUTSUMI SHINICHI
International Classes:
A63B69/06; A63B71/02; B63B22/18
Domestic Patent References:
JP2005095250A2005-04-14
JPH01157800U1989-10-31
JPH1015257A1998-01-20
Foreign References:
US7455561B12008-11-25
Attorney, Agent or Firm:
加藤 久
遠坂 啓太
森 博
南瀬 透



 
Previous Patent: Dried-noodles immersion tray

Next Patent: Anus mirror