Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
A bag body for aquatic floating bodies
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3207641
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】水上浮体の走行時に、小物収納室内のアンカー等の小物の破損を防止すると共に、小物収納室の内周壁や底板などの破損も防止し、従来のフローティングマーカーを収容しなくてもよいようにした水上浮体用の袋体を提供する。【解決手段】水上オートバイ等の水上浮体1に設けた小物収納室10に収容する、折り畳み自在で浮力や気密性や耐水性や耐久性に富む素材で形成された水上浮体用の袋体30であって、袋体は、一部に空気注入口31を形成し、空気注入口と異なる位置にはアンカーロープの一端を結合する結合部を設け、袋体を水上浮体の小物収納室に収容する時には、小物収納室内に、予め、アンカー・アンカーロープ等の小物を挿入し、小物の上部に袋体を収縮した状態で挿入した後に、袋体の空気注入口から空気を注入充填して空気注入口を密封し、小物収納室をカバー11で被覆するように構成してある。【選択図】図4

Inventors:
中村 哲
Application Number:
JP2016004338U
Publication Date:
November 24, 2016
Filing Date:
September 05, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
有限会社タイト ジャパン
International Classes:
B63B49/00; B63B22/00; B63B35/73
Attorney, Agent or Firm:
玉利 冨二郎