Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
A conclusion implement and a fastening method for the same
Document Type and Number:
Japanese Patent JP5953420
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】簡単な構造でナットの緩みを確実に防止できる新規な締結具の提供。【解決手段】ボルト10とナット20とからなり、ボルト10のねじ部12の軸部に冷却剤を注入する長孔13を有すると共に、ねじ部12の外径を常温域においてはナット20の内径よりも大きくする。そして、ボルト10の長穴13から冷却剤を注入してねじ部12を冷却して径方向に熱収縮させてからナット20を螺合させれば、その後ねじ部12が熱膨張してナット20を押し広げるようにして食い込むようにしっかりと螺合する。これによって、ナット20が緩んだりすることがなくなる。また、構造も簡単であるため、製造コストも安価となる。【選択図】図1

More Like This:
JP2018155282SCREW SYSTEM
Inventors:
小関 学
Application Number:
JP2015243033A
Publication Date:
July 20, 2016
Filing Date:
December 14, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
小関 学
International Classes:
F16B35/00; F16B4/00; F16B39/02
Domestic Patent References:
JPS63270909A1988-11-08
JP2012127494A2012-07-05
JP2014013071A2014-01-23
JPS4977058A1974-07-25
JPH0612819U1994-02-18
JP2007051734A2007-03-01
JP2006125551A2006-05-18
JPS63270909A1988-11-08
JP2012127494A2012-07-05
JP2014013071A2014-01-23
JPS4977058A1974-07-25
Foreign References:
WO2009150390A12009-12-17
Attorney, Agent or Firm:
木船 英雄