Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
An exposure prevention box, a safety cabinet, and local exhaust ventilation
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6309138
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】開放型の安全キャビネットや局所排気装置で抗癌剤や有機溶剤等を調製する際に、作業者が誤ってシリンジの針で手を刺したり、手袋を薬剤や有機溶剤等で汚したりしない暴露防止箱を提供する。【解決手段】本発明の暴露防止箱10は、開放型の安全キャビネット100や局所排気装置の作業室に設置して用いられる。暴露防止箱は、底壁、天壁、及び側壁からなる中空の箱体をなし、底壁に薬剤密封容器を保持する容器保持部53を備えている。底壁は、作業室の下部空間へ連通する排気口51aを有し、天壁は、容器保持部に対向する位置に充填具挿入口63を有している。【選択図】図1

Inventors:
雉鼻 一郎
Application Number:
JP2017092350A
Publication Date:
April 11, 2018
Filing Date:
May 08, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
株式会社日本医化器械製作所
International Classes:
B01L1/00; A61G10/02; A61J1/20; F24F7/06
Domestic Patent References:
JPH0567330U1993-09-07
JPH0567330U1993-09-07
JPH09504733A1997-05-13
JP2016035340A2016-03-17
JP2001129413A2001-05-15
JP2016521176A2016-07-21
JP3145020U2008-09-25
JPH09504733A1997-05-13
JP2016035340A2016-03-17
JP2001129413A2001-05-15
JP2016521176A2016-07-21
JP3145020U2008-09-25
JPH0567330U1993-09-07
Attorney, Agent or Firm:
杉本 勝徳
岡田 充浩