Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
A method to which crop crop yields are made to increase
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016511762
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、1回の施用と比較して、少なくとも1種のシクロプロペンを複数回施用することによる、作物収穫量に対する相加的効果を超える予想外の効果に基づく。複数回施用するシクロプロペンと植物とを接触させることを含む、植物の収穫量を増加させる方法を提供する。1つの態様において、その方法は、(a)シクロプロペンを含む第1の組成物と植物を接触させるステップと、(b)シクロプロペンを含む第2の組成物と植物を接触させるステップとを含み、それによって、第1の組成物および/または第2の組成物と接触させていない植物と比較して、植物の収穫量を増加させる。他の態様において、その方法は、少なくとも1種のシクロプロペンを含み2回以上に分けて施用する組成物と植物を接触させるステップを含み、それによって、少なくとも1種のシクロプロペンを含み2回以上に分けて施用する組成物で処理または接触をさせていない植物と比較して、植物の収穫量を増加させる。

Inventors:
マレフィト,ティモシー
リードビーター,アンドリュー ジョン
Application Number:
JP2015558141A
Publication Date:
April 21, 2016
Filing Date:
February 14, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
アグロフレッシュ インコーポレイテッド
シンジェンタ パーティシペーションズ アクチェンゲゼルシャフト
International Classes:
A01N27/00; A01C1/06; A01N25/26; A01P21/00
Attorney, Agent or Firm:
小林 浩
大森 規雄
藤田 尚
藤 拓也
鈴木 康仁