Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
The sugar part silyl ether induction object of 5-aza- Cytidine
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6162349
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】骨髄異形成症候群を含む様々な骨髄腫瘍の治療薬として臨床使用されている注射剤(5−アザシチジン又は2’−デオキシ−5−アザシチジン)に代わって、代謝酵素シチジンデアミナーゼに対する高い安定性を有する5−アザシチジン又は2´−デオキシ−5−アザシチジンのプロドラッグを提供すること。【解決手段】式(1):(式中、Rが、OR3基又は水素原子であり、R1、R2及びR3が、それぞれ水素原子又は式(2):(式中、R4、R5及びR6が、それぞれ置換基を有していてもよいアルキル基、置換基を有していてもよいアリール基又は置換基を有していてもよいアリールアルキル基である。)で表されるシリル基である。ただし、R1、R2及びR3は、同時に水素原子である場合を除く。)で表される化合物又は其の塩が上記課題を解決した。【選択図】なし

Inventors:
酒向 孫市
杉山 晋平
Application Number:
JP2016565699A
Publication Date:
July 12, 2017
Filing Date:
July 27, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
大原薬品工業株式会社
International Classes:
C07H19/12; A61K31/706; A61P7/06; A61P35/00; A61P43/00
Domestic Patent References:
JP2009509531A2009-03-12
JPS5527077B11980-07-17
Foreign References:
WO2016057828A12016-04-14
WO2013036846A22013-03-14
Other References:
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, vol. 306, no. 2, JPN6017003086, 2003, pages 558 - 563
Attorney, Agent or Firm:
謝 卓峰
元山 忠行



 
Previous Patent: A decoloring assistant and a decolorant

Next Patent: JPS6162350